サイトメニュー

表情ジワやエラを改善する

看護師

様々なメリットを知って上手に活用しよう

ボトックス注射の一番のメリットは、やはり目尻や眉間などの表情ジワが改善できることでしょう。ボトックス製剤の有効成分であるA型ボツリヌス毒素は、脳からの神経伝達物質であるアセチルコリンの働きを妨げ、筋肉の収縮を抑制します。そのため、表情の変化によってできるシワを目立たなくさせることができます。また、筋肉の収縮効果で、エラのふくらみを減少させて、ほっそりとしたイメージに改善することもできます。さらには、ワキガの原因であるアポクリン汗腺に作用し、働きを低下させることでワキガや多汗症を治療することも可能です。このように、様々な美容上の効果が報告されているボトックスですが、中にはボツリヌス菌というイメージから、不安になる方もいるかもしれません。ですが、ボトックス注射で使用される薬剤は、すでに毒素が分解されているので、全く心配はいりません。特に、アメリカのアラガン社製のものは、厚生労働省の認可がおりているので信頼性が高く安心です。なので、施術の際は、事前にアラガン社製のものを使用していることを確認しておくと良いでしょう。ボトックスは、施術後すぐにはあまり効果がみられず、1〜2週間ほどで安定した状態になります。安定するまでには多少時間がかかるので、イベント等、利用目的がある場合には、少し余裕を持って行う必要があるでしょう。
近年、ボトックス注射は、大変注目されてきていますが、そこには様々な理由があります。単に、魅力的な顔になりたいとかアンチエイジンク効果で美しくなりたいなどという願望の実現に留まらず、自分に対する自信や幸福感を追い求めるという心理面での効果もあるからです。さらには、対人関係を良くする目的や、自分へのご褒美という意味合いも、注目される理由の1つといえるでしょう。また、ボトックスの利用目的は幅広く、美容面だけでなく、健康面での意外な効果にも、大いに注目が集まっています。たとえば、弱視や慢性片頭痛に対して効果が期待できますし、まぶたの痙攣や膀胱機能障害の治療にも利用されています。さらには、脳卒中や脳性まひ、または下肢痙攣などについても一定の改善が可能です。治療により、関節の固まりを予防し、変形を防ぐことができるので、日常生活が楽になり介護負担も減らすことができるでしょう。また、リハビリテーションもしやすくなるので、身体機能の全体的な改善も期待できます。このように、医療にかかわる分野でのボトックスの活用は大変注目されており、患者自信の生活向上に役立っているといえるでしょう。また、これらのボトックスによる治療は、美容目的ではないので、健康保険の適応対象になっています。

Copyright© 2019 ダウンタイムが必要なく日常生活に支障なく受けられる美容整形 All Rights Reserved.